読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康を目指して! 痛風、高血圧、メタボ、三冠からの脱出

体のリカバリーが効かないアラフィフ。生活改善目指します。

ピンピンコロリ。「介護なしの自立生活」を目指したいですが、現実今のままでは、要介護期間は、9~12年になってしまう?!

こんにちは。

最近良く聞くようになった「ピンピンコロリ」という言葉は、ピンピン=元気で長生きし、コロリ=あっさりコロッと大往生。と言う造語で、寝たきりにならずに、ポックリ死にたい、という時に使われます。

現代は医療が発達し、老化により、自分で食事取れない状態になったとしても、機械をつないで生かすことができるため、ムリな延命について、見直しを考える人が増えてきており、自分こそは「ピンピンコロリ」で!という人が増えております。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170504101450j:plain

 

2017年3月1日に、厚生労働省から、日本人の平均寿命は男性80.7歳、女性は86.9歳で過去最高を更新と発表がありました。まさに世界一の長寿国なのですが、ピンピンコロリで、はたして元気で、長生きしているのでしょうか。

ピンピンコロリを科学的に示した言葉が「健康寿命」となります。ピンピンコロリと、理想的に往生できる人はほとんどいなく、実際は、足腰が弱ったりして、介護が必要な状況になってから往生する人がほとんどです。この要介護期間を、平均寿命から引いた数を、健康寿命といいます。

 

「健康寿命=平均寿命-要介護期間」

では、日本人の健康寿命は何歳でしょうか?

少し古いですが、2010年に厚生労働省が初めて、健康寿命を発表しております。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170504103239p:plain

男性で9.13年、女性で12.68年が、誰かに介護のお世話になっているという驚きのデータです。ですから、平均で9~12年介護期間が必要となっているのが現実で、とてもではないですが、ピンピンコロリとはほど遠い状況です。

 

何もしないでいたら、このまま、終末期は寝たきり生活になるのですが、少しでも寝たきりの期間を短くする方法として、骨、間接、筋肉などの運動機能を低下させないようにすることが非常に重要です。

 

運動機能は、加齢とともに生理的変化で、低下すると思われてましたが、今では、加齢に伴って、運動量が減少することよって、運動不足になり、運動機能が低下することが、原因とわかってきました。また、運動機能は、適度な運動を継続することで回復、維持することができます。

 

まずは、ウォーキングから始めるのが手軽でいいと思います。ウォーキングについては、前回まとめてますのでご参照下さい。

そのためには、自分が1日どれだけ動いているのか把握することが必要です。まずは手軽に歩数がわかる、腕時計式万歩計はいかがでしょうか。お値段も安く、入門編としては、ちょうどいいですね。では。

 

歩くだけで、長生き出来るのか? 自分の力で歩き、生活できる「健康寿命」を延ばしましょう!

こんにちは。

そろそろ運動について考えてみます。普段何もやっていない人が、健康のため、いきなりハードな運動を始めると逆に体に悪いです。始めは、身体を動かすことに慣れる必要があります。そこで、まずは手軽なウォーキングから始めましょう!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170425235017j:plain

 

お金がかからず、誰でも出来る手軽さから、日本のウォーキング人口は1000万人を超えていると言われています。

また、あらゆる生活習慣病には、軽度の運動が良い効果をもたらすことは、化学的に実証されてます。

例えば、朝のウォーキングを習慣化すると、朝日を浴びることで体内時計がリセットされます。また、歩くリズム運動は、本来あるべき自立神経のリズムを取り戻すことができます。歩くときの足の着地が刺激となり、骨も丈夫になり、骨粗しょう症のリスクが減少し、歩く姿勢を保つことで、筋肉も刺激されます。

健康に良いことは分かっていて、中々行動に移せないのが人間なんですよね。

 

1.シューズの選び方

そして、ウォーキングに当たり、もっとも重要なことは、クツ選びです。選び方は、以下、アシックスの公式サイトに、詳しく出ておりますのでご参照下さい。

www.asics.com

初めてのクツ選びは、店頭に行って店員さんに相談しなから、購入するのが、一番いいと思います。

 

2.歩き方

①まずは、正しく立つこと

・ 正しく立てないと、正しく歩けません。

・両足は肩幅に開き(こぶしが2つ入るぐらいあける)

・頭の上を引っ張られるイメージで楽に背筋を伸ばす

②歩き方

・ひじを大きく後ろに引く

・足はかかとから着地し、前に出る時は、足先で地面をける。

・目は10~20m先を見る

 

3.あれば非常に便利なもの

今回、ウォーキング時にぜひほしいものとして、コールマンのウエストポーチを挙げさせて頂きます。おすすめの理由ですが

・ウォーキング時に、ポケットではなく、ポーチに部屋の鍵、携帯電話を入れられる。

・500mlのペットボトルも入るので、ウォーキングしながら水分補給ができる。

・色の種類が豊富で。デザイン性に優れている。

・収納場所が多く、ショルダーポーチにもなる。

 など、非常にすぐれもので大変人気が高いです。よければどうぞ。

 

お付き合いありがとうございました!

【スポンサーリンク】